Menu

消しゴムはんこ 津久井 智子(つくい ともこ)ホームへ戻る

消しゴムはんこ作家
津久井 智子(つくいともこ)の活動情報です。

2012年の記事

お寺で消しゴムはんこ!

新潟の「消しゴムはんこのお坊さん」こと、麻田弘潤氏との仏教×消しゴムはんこのコラボレーションユニット・「諸行無常ズ」結成!

 ←ちらし。

今年12月7日(金)に東京のお寺2カ所で行われた、
第一回 消しゴムはんこ法話ワークショップ。
盛況に終わりました~! 感謝☆

誰かとコンビでワークショップをやるなんて初めて。

お寺で教えるのも初めて。

お坊さんの法話がベースのはんこ作りなんか もちろん初めてw

 

あんまり初めてすぎて想像つかなかったんですが、

やってみたら案の定というか、期待以上におもしろく、

自分ひとりで教える時とは全く違う感触だったのでびっくりしました。

今回みんなで作ったのは「お釈迦様」。
できあがったはんこはそれぞれに丸く切った和紙に捺してもらい、曼荼羅をつくりました。

静かな本堂で丁寧に呼吸しながら、精神を整えながらの作業は、
消しゴムはんこを作っているというよりは、まるで仏像を作っているようでした。

 

私自身、もともと仏教と縁の深い生い立ちではあるし、

消しゴムはんこに、写経や仏像彫りの、瞑想のような作業と通じるものを感じてはいたし、手作りの中に、いろんな教訓が随所にちりばめられていると思っていました。

 

たとえば、力で無理矢理彫るよりも、刃の流れに従うほうが、きれいな線が彫れること。

目指すのは、見本通りに作ることではなく、いかに自分らしい工夫ができるかということ。
切り出したときに出る、消しゴムの細かい切れ端ひとつ、役に立たないゴミではないこと。

 

そういう消しゴムはんこに備わっている真理をうまく料理して、

仏教法話に取り入れてもらったような形の、今回のワークショップ。

 

麻田さんにとっても、普段の法要で話すような法話よりも、よほど堅苦しくなく、
自然に耳を傾けてもらえたし、大事なことがよりシンプルに、手作業を通して体験的に伝わった気がして、期待以上の手応えがあったと言ってくれました。

 

麻田さん自身、6年前からライフワークとしてはんこを彫り続け、消しゴムはんこの性質をよくわかっているからこそ…というのはもちろんのこと、
3度にわたって私の東北被災地でのワークショップを補助しに来て下さり、いろんな話をするうちに、私が消しゴムはんこを作り教える上での思想とか、信条としている部分を理解していただき、深く共感し合えたからこその融合だったと思う。

 

コラボレーションって奥が深い!!

 
参加してくれた皆さんからも、
「夕方の大きな地震のあとで不安だったり、仕事のミスでピリピリしていた心がすごく落ち着いてよかった」
「お寺って敷居が高いような気がしていましたが、消しゴムはんこを作るとなると、アットホームな暖かい感じがしてとっつきやすかった」
「こういった若いお坊さんたちが、仏教について気軽に気負わずに教えてくれる機会をどんどん作ってほしい」
などの反響をいただきました。

 

お昼の会場を提供して下さった光明寺のカフェスウィーツ担当・木原さんは、消しゴムはんこにちなんで真っ白な嶺岡豆腐(朱色の柿ソース)を出して下さり、参加者の皆さんにウケてました。

 

夜の浅草・緑泉寺の住職、青江覚峰さんは、「お寺ごはん」というおいしい料理の本を出されたばかりで、イベント続きでお忙しい中、場所をお貸し下さいました。
(この本、フルカラーでおうちで真似しやすそうな精進料理レシピ満載!
いまamazonの和食ジャンルで8位だって!超おすすめです。)

ありがとうございました!

 

そして早くも関西のお寺からのオファーが!?

「諸行無常ズ」第二弾WSは3月上旬、関西ツアー…?

おたのしみに!

諸行無常ズのFacebookページはこちら!
https://www.facebook.com/shogyomujoz?bookmark_t=page
 

記念撮影〜☆

<香港>メディア掲載まとめ〜☆

ワークショップとデモンストレーションで香港に滞在した5月23〜28日の6日間に、

ギャラリーの竹原さんが、たくさんの媒体の取材を取り付けてくださり、

おかげでいろ〜んな新聞や雑誌やサイトで、今回の個展を紹介していただきました!

 

竹原さんが送ってくれた記事や動画を、こちらで紹介します◎

YouTube Preview Image

 

☆新聞記事 : http://hk.apple.nextmedia.com/supplement/retails/art/20120530/16380036

 

 

 

 

 

<香港>Stamp Show Hong Kong 2012

 

行ってきましたよ!香港!!

 

 

香港のギャラリー、Petit Morphoにて、

私の個展が、5月27日から6月30日まで、開かれております。

←ブルース・リー風。


☆香港の新聞にも掲載されてますよー!こちら!
☆さらにネット動画も!
YouTube Preview Image

私は23日から27日まで、ワークショップやプレスの取材や実演ショーをしに香港へ。

ギャラリーの竹原さんが呼んで下さって、ヒノデワシさんが旅費を出してくれました。

私はどうして呼んでもらえたのか、何をつくればいいやら、いまいちピンとこないまま、香港へ。

 

 

左がギャラリーの竹原さん、右はヒノデワシの日下田さん。

合流してまず連れて行ってくれたのが、絶景カフェ。

 

滞在中はとにかくギャラリーで雑誌や新聞のインタビューを受けたり、

 

ワークショップも計5回やりました。竹原さんが通訳してくれて。

みんなかなり上手!!私の本(台湾版とか)を読んでハマってたくさん作ってる人も多かった。

 

夜はごちそう!!

 

ギャラリーはおもにはんこで作った版画作品と、手作り消しゴムはんこの販売。

 

滞在中に売約がついた作品も!

ワークショップに来てくれた皆さんから、お土産や手作りのカードもいただいたり、

予想もしなかった歓迎ぶりに、ただただ感激!!の毎日でした(*^^*)

 

本もたくさん買っていただき、サイン祭り。

 

 

こちらは香港唯一のクラフト専門店、Paper Artさん。

 

ここでは、ツキネコ「そらまめ」を使って、ライブペインティングのような実演もしました。

 

とにかく黙々とはんこを捺していって、版画作品を1点、30分かけて作るのを、

お客さんもただ黙って見守るという、ドキドキのイベント。でも、みんなすごい真剣に見てくれるから、

私もはりきって頑張っちゃったよ。

 

出来上がりは、皆さんから暖かい拍手が!!

 

花束なんかももらっちゃいました♪うれしー!

 

Paper Artさんでは、こんな風に本やはんけしくんも販売してくれています。

 

サイン会も!

みなさん笑顔で「超おもしろかった!」「会いたかった!」「香港にようこそ!」って言ってくれて、あたしゃ幸せだったよ。

きれいな紙がたくさん売ってたよ。トランクに入りきらないくらい、いっぱい紙を買ったよ。

 

最後の夜は、火鍋もごちそうになりました!おいしかった〜!!

 

こちらは、参加者の皆さんからの寄せ書き!感動…◎

皆さん本当にありがとうございました(*^^*)

 

竹原さん、ありがとうございました!

 

日下田さん、ありがとう◎

エネルギーにあふれた、すばらしい場所だった!!

またいつか、香港さんに呼んでもらえるといいな……

 

☆もっといろんな写真を見たい方は、FaceBookのアルバムをご覧下さい! …食い倒れてます(*^^*)