Menu

消しゴムはんこ 津久井 智子(つくい ともこ)ホームへ戻る

消しゴムはんこ作家
津久井 智子(つくいともこ)の活動情報です。

たまに日記

壁画制作:東海汽船「セブンアイランド愛」



1

1/17(日)
渋谷からアクアラインで、画材積んだマイカーで房総入り。

今日から1週間、富津岬のあたりに宿を取り、造船所に通ってジェット船内の壁画制作です。
ヘルメット着用のこと…
造船所なんてドキドキしちゃう。

ご期待に添えるかどうかというプレッシャーも大きいけど、縁がなければなかなか味わえる機会もない、ダイナミックなお仕事。
めいっぱい楽しみたいと思います。

あまり頭で準備してもしょうがない気がするので、その場のインスピレーションに従って手を動かしてみる。
足りないものは君津のジョイフル本田(懐かしい!)で現地調達できるし。

房総には、大学を出て、消しゴムはんこ職人を名乗り始めたばかりの頃の私を知ってる人たちがたくさんいて、働くことを学びはじめたヒヨコのような私にいろいろ教えてくれたり、励まして育ててくれたような土地。

もう会えない人、思い出だけになってしまった場所も多いけど、いまも変わらず魅力的に活動してる人たちも多い。
自分があの時の思い出に支えられているから、いまもどっかで誰かに暖かく見守ってもらってる気が勝手にしてて、安心していい仕事できるように専念する。

南の島への航海が楽しくなるような、ワクワクするような絵にしたいな!

1/18(月)
下地&ペンキ塗り。
広報の柳場さんと、友人たちが3人で手伝いに来てくれて、1日でここまで塗れました!

1/19(火)

作業2日目。

階段を通る現場のおじさんたちに、「すげぇピンクだな!」とか「リカちゃんハウスかい?」とか笑われながら、壁をひたすらピンクに塗りました。

ここにパステルカラーでいろんなはんこを押していきます。
「一体なんなのこりゃ?」ってヘルメットの皆さんに、さらに笑われますw

まあ暖かく見守ってくださいよw

もうちょっとやりたかったけど、造船所は17時までしか作業できないから、夜はホームセンターでペンキや資材を買い足したり、日帰り温泉を探して入りに行ってみたけどイマイチだったり…

ひとり富津の夜を堪能。

 

1/20(水)

船内が寒くて寒くて冷蔵庫のよう。
からだじゅうにカイロ8個も貼っても手がかじかんで進まない!
ポカポカの車に逃げ込んで暖まりながら、どうにか進行。

今日はメインの壁に着手。
ピンクの小さいお魚が、愛を探し求めて海底に大冒険です。
ボーイ・ミーツ・ガール♪

1/21(木)

壁画ほぼ完成!
賑やかになりました(*^^*)

今日は昨日ほど寒くないし、よしみさんに、家の倉庫からヒーターを送ってもらったので、暖かくてずいぶんはかどりました◎

手すりが真っ黒なのがちょっと違和感…
明日の朝、着色するかも。

明日は引き上げで、テレビ取材も入ります。
どきどき。

1/22(金)

壁画完成!
手すりもゴールドに塗ってイメージ変わりました。
作品テーマはもちろん「愛」!

今日はテレビ取材も来てくれて、モデルのマリエさんが出来立てホヤホヤの船内をリポートしてくれました(*^^*)

1/29に就航お披露目イベントがあり、
2月から伊豆大島を行き来します◎

私も両親を誘って大島旅行に行かせてもらう予定◎

見守って下さった皆さま、ありがとうございました!

ぜひ大島へ行くときはこの船で(*^^*)

« たまに日記トップへ戻る