Menu

消しゴムはんこ 津久井 智子(つくい ともこ)ホームへ戻る

消しゴムはんこ作家
津久井 智子(つくいともこ)の活動情報です。

お知らせ

消しゴムはんこで3mの大作に挑むの巻。

静岡県磐田市立中央図書館での企画展

IMIwata Meet The Art

12月17日〜2012年1月8日までの開催です!

 

 

日本画家・山本直彰氏と、その教え子12名によるグループ展です。

私だけ消しゴムはんこという別ジャンルから、裏口入学で参戦。

 

※詳しい事情は、こちらの漫画をご覧下さい。

Twitterをご覧の方にはご存知かもしれませんが、先日まで、横幅3mの和紙に消しゴムはんこを組み合わせて、日本画の岩絵具を使って絵を描くという、初挑戦を実況していました。

 

YouTube Preview Image

 

とにかく大きくて難しくて、思い通りにならないながらも、どうにかギリギリ絵っぽく仕上がり、17日から展示が始まりました。

 

我ながら未熟な出来で、ものすごく恥ずかしい気持ち…と、同時に、

ものすごく真剣に新しい事に挑戦した結果だから、下手でも誰かに見てもらいたいなぁ

という気持ちとが半々です。

私自身の創作活動としては、記念すべき大作1号となったことは確かです。

他のメンバーの作品も、ぜひ見て下さい。

自由で、潔くて、大胆で繊細。どの絵もバラバラ。

この展示の異種格闘技っぷりといったらすごいです。

でもどれも、日本画の概念を覆させることは間違いなし!

 

山本先生が描いた、磐田の地酒「千手」のラベルの原画もすばらしいです。

大きな大きな白い和紙に、思うまま思いっきり描く恐ろしさも愉快さも、同じくらい感じて貰える気がします。

私の作品は、他の場所で展示する予定は、今のところありません。

もし磐田からお近くの方は、ぜひ観に来て下さい!

そしてぜひ、会場のスケッチブックにメッセージを残していって下さい。

搬出の時に、それをみんなで読むのを楽しみにしています。

たくさんの方にご来場いただけますように!

« お知らせトップへ戻る